ブログ & お知らせ

前から読もう!

2年生と3年生は「文法コース」と「L&Rコース」に分かれています。

L&Rコースでは単語テストや訳テスト、音読テストのどれかが毎授業入るのですが、

先日訳テストをしていたときに、ひとりの2年生がテスト中に質問をしてきました。

 

生徒:先生、この日本語訳って前から訳したものをそのまま書いてもいいですか?

私は思いました。

(いえ、ずっと前からそうしてって言っとったから!!)

私:もちろんいいよ!ただ、ある程度のまとまりで書けなあかんよ。

  例えば、I want to go to Hokkaido to eat miso-ramen. やったら

 「私は行きたい / 北海道に / 味噌ラーメンを食べるために」みたいな感じ。

生徒:OKっす!

 

結果、その生徒はその訳テストは合格しました。
(3文あって、そのうち2文が正しく訳せていたら合格、というシステムです)

 

そして今日、違う2年生が訳テストを終えたあと、友だちと話している声が聞こえました。

生徒:前から書いていいって言われたから前から書いたら、今日の訳テスト合格やった!

 

いやぁ、うれしかったですね。

そうなんですよ、前からどんどん訳していく方が絶対簡単なんです。

I’m going to do volunteer work there with my friends.

この文章をテストで出しましたが、日本語の流れでは

「私は友だちとそこでボランティア活動をするつもりです。」となります。

でもそうではなくて

「私はボランティア活動をするつもり / そこで / 友だちと」

これでいいんですよ。

むしろ、この形に慣れていく方が絶対いいです。

超個人的な意見ですが、テストや入試で日本語訳の問題が出た場合も、前から訳して正しければ正解にすべきだと思っています。

 

長文問題が解けるかどうか。

これは高校入試も大学入試も英検もTOEICも何もかも大事なポイントです。

単語も大事ですし、熟語も大事です。

もちろん文法は言うまでもなく。

それらと同じぐらい前から読むクセをつけておくこともめちゃくちゃ大事です。

だってそっちのほうが絶対簡単なんですから。

それを実感した2人がいたこと、本当にうれしいです。

いくら文章が長くなっても、前からひたすら読んでいって、前から順番に単語も熟語も文法も潰しましょう。

 

前から読んでいくことが当たり前になると、「/」を入れられる場所に気づいていくというメリットもあります。

「/」を入れる場所はある程度共通するのですが、基本的にはどこに入れようが、それは個人の自由です。

自分が意味の切れ目として理解しやすい場所に入れればいいのです。

「前置詞 in、on、at、of、toとかの前で切ってみよう!」
「接続詞 when. if, because, that, andとかの前でもいけるよ!」
「関係代名詞や分詞の前でもいけるよ!」

 

以前はこのように教えていたこともあるのですが、正直手ごたえは毎回ありませんでした。

だから、いつの頃からそれは言わないようにしています。

前から意味をとっていけば、自然とそれぞれで文の切れ目がわかってくると気づいたからです。

この2人の生徒から改めそう強く感じました。

このことにもっとフォーカスして授業を展開していこうと強く思いました。

さぁ、また明日から頑張ろう!

2024年06月13日

中3の8月のために6月からすべきこと

先日おもしろい実験結果を知りました。

2009年のものなので特に新しいものでもないのですが、「これは中3の人にとって有益や!」と思いました。

 

ロンドン大学で行なわれた実験です。

被験者96人が自由にある特定の行動を選んで、それが習慣化されるまでどれぐらいの日数がかかるかを調べるものでした。

読書を選ぶ人、勉強を選ぶ人、ジョギングを選ぶ人、筋トレを選ぶ人、その行動は多種多様。

その結果、読書のような負荷の小さいものであれば、20日足らずの短期間で習慣化できたというケースもあれば、

ジョギングのような高負荷の場合は、その習慣化には200日以上かかるという結果もありました。

全てを考慮して結論づけられたことは、「週4回以上66日続けると習慣化される確率が高い」ということです。

 

今は6月1周目。

66日後は8月です。

3年生のみなさんは「今年の夏はこれまでと同じように過ごしてはいけない」と心ではわかっているはずです。

去年までのような楽しい夏休みではいけないことがわかっていますよね。

でもね、それってわかっていながらもできない人が結構多いのです。

なぜできないのか、習慣がないからです。

部活を引退して時間ができたからと言って、それを勉強に使えるかというとそうではありません。

気合い十分の夏休みの初めはできると思いますよ。

でも、1週間ほどでしんどくなって、続けることが心底苦痛になってきます。

家庭学習の習慣がない人には、これまで部活に使っていた時間を勉強に使うのは至難の業なのです。

だからこそ、今のうちから「5分間の受験勉強」を開始してほしいのです。

その5分間は「その5分の間に学力を伸ばすため」ではなく、

「8月に受験勉強をする習慣をつけるため」です。

たった5分です。

その5分があるかないかで、8月の姿勢に絶対大きく影響してくると私は考えています。

勉強だけでなく、億劫なことは始めるその瞬間が一番しんどいです。

「あーあれせなあかんな。しんどいな…。いややな…。」とそのままズルズル数時間。

ありがちです。

でも、そんな中でも重い腰をあげて取り掛かれると、思いのほか集中して進んだりするものです。

この「取り掛かり」を作ってくれるのが「5分間の勉強」です。

 

ベストなのは「いつ・どこで・だれが・何を・なぜ(←これは習慣化のため)・どのように」の5W1Hが効果的のようです。

つまり「夜・寝る前に・自分が・英語の文章を・教科書を使って音読」のような感じです。

これが習慣化されると、いつか「5分」が「10分」になっているかもしれません。

5回しかバットの素振りをしていなかった息子が、昨日ずっと振っていたので聞いたら「100回振りよる」とのこと。

こんなふうに習慣化されると、きっと量も増えていくのです。

 

総体がある6月。

運動部に入って活動してきた人にとっては、何より大切な総体。

頑張ってほしいですし、悔いを残してほしくないです。

青春ど真ん中、その象徴のような部活です。

本当に頑張ってください。

そして、ちょっとだけ家で習慣作りのために積み上げてほしいです。

2024年06月03日

やる気、モチベーションが上がらない?

よくありますよね。

このことについて最近すごく思うことがあります。

「やる気やモチベーションは感情のひとつ」ということです。

喜び、悲しみ、怒り、焦り、このようなものと同じ。

つまり、「何かをきっかけに勝手に湧いてくるもの」だということです。

「みんなからサプライズで誕生日を祝ってもらった!うれしい!」
「大事にしていたスマホの写真のデータが消えた。悲しい…。」

感情は何かをきっかけにして湧いてきます。そんなきっかけや原因がない中で

「オレ、今すごく喜びたいんやけどさ、喜ばれへんねん…」
「私とっても悲しみたいんやけど、なんか悲しまれへんのよね…」

というのはすごく変です。

「やる気が出ない…、モチベーションが上がらない…」

何のきっかけも原因もない中でこのように悩んでいるのなら、それってすごく変ではないでしょうか。

 

急に明日提出の宿題があることを思い出して、他の何よりもその宿題を優先してやり切ったことはないですか?

この時のやる気やモチベーションはとんでもないものだと思います。

普段は続かないダイエットも、健康診断3日前ぐらいになると急に食事が少なくなったり、運動をしてみたり、お酒を控えたり。

今週末にとても楽しみなことがあるから、普段はしんどい週のど真ん中の水曜日もやたら頑張れたり。

これは当然のことだと思うのです。

やる気やモチベーションは「自分で上げる」のではなく、「何かで上がる」ものです。

だから、やる気やモチベーション不足で悩む必要はないです。

普通、当たり前。

 

そして、やる気やモチベーションは勝手に下がっていってしまいます。

感情だからです。

激高することがあっても、それがいつまでも続くことはありません。

悲しみも焦りも何もかもそうです。

いつか必ず薄れ、消えていきます。

これと同じく、やる気もモチベーションもずっと高いままなんてありません。

間違いなく下がっていきます。

今MAXのやる気があっても、ちょっと予期せぬことが起こると、それが一気にゼロになることもあります。

「あれだけやる気あったのに、なんでこんな下がったんやろう…」

こんなふうに悩む必要も、自分を責める必要もありません。

下がるのが普通です。

 

つまり何が言いたいかですが、

勉強や部活に取り組んでいくときに大切なのはやる気やモチベーションではなく、続けていける習慣を作ることです。

朝起きたら5分間ストレッチをする。
学校から家に帰ったら、家の中に入る前に5回だけバットの素振りをする。
おふろで湯船につかっているときに5分間だけ英語の文章を音読する。
寝る前に5問だけ計算問題を解く。

このような習慣づけ、システムが大切です。

しんどすぎるものはだめです。

自分がしんどくなく、続けられることを生活の中に組み込んでいけると、自然と小さな努力が続き、確実に力が伸びていきます。

そして、もし何かやる気やモチベーションが上がることが起これば、その日は5回、5分が10回、10分になるかもしれません。

そしてそれが数日続いて「10回、10分」というのが新しい習慣になるかもしれませんし、

そうはならずにモチベーションが下がってしまったとしても、「5回、5分」は続いていくので問題ありません。

やる気やモチベーションが理由で物事が続かないという考え方は変えましょう。

そんなものはなくても行動は続けられます。

 

最近自分の中で気に入っている「5回」「5分」「5問」などの「5」という数字。

特に意味はないのですが、みなさんも「5運動」をしてみませんか?

2024年05月30日

小さな積み重ね

私の小4の息子は少年野球に入っています。

毎週末朝から夕方まで野球をしています。

とにかく楽しいようで、絶対休みませんし、練習が終わっても帰りたがりません。

野球が楽しくて、仲間が最高で、厳しくも温かい素晴らしい指導者にサポートしていただきながら、にこにこしながら野球をしています。

入団当初は投げる、打つ、捕る、走る、そういったことが単純に楽しいだけでしたが、

最近では「もっと上手になりたい」という思いが出てきたようです。

先日、本人から「お父さん!家で毎日素振りするって決めたんやで!」と決意表明をしてきました。

なりたい自分が見つかり、それに向かって努力することを始めた息子に驚きとともに成長を感じました。

 

父:それはいいことやな!がんばるんやで!
子:うん!「毎日5回振る」って決めてん!
父:・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
  (5回?5回だけ?聞き間違えたか?) 何回振るって?
子:5回や!5スイングや!がんばるねん!
父:(少なーーーーーーーーーーーっ!)  
  そ、そうか、応援しとるぞ!

 

回数の少なさに驚きましたが、「やらないよりはやったほうが上手になる」と思い、そこではそれ以上何も言わずにいました。

数日後、仕事から帰った私に息子が「素振りがんばっとるで!」と報告をしてきました。

心の中で「たった5回やけどな」と思いながら「そうか、がんばっとるな!きっと上手になりよるぞ!」と励ましました。

 

「ピッチャーを意識して振りよるねん!」
「がに股にならんように構えとるで!」
「アッパースイングになりすぎんように気を付けとるねん!」

 

細かく話してくれる息子を見ていると、感じることがありました。

たった5回の素振りですが、それを通して息子が「達成感」を得ていることです。

生き生きとした顔で、自信満々に「5回振っていること」を伝えてきます。

 

勝負の場面で力を発揮するためには実力をつけるしかありません。

その実力は練習や勉強でしか身につきません。

しかしながら、練習や勉強を「継続していくこと」が難しいのです。

どうすればいいのか、それを息子から学びました。

きっと「素振り5回」というのが息子にとって絶妙な数なのだと思います。

これが「素振り10回」とかだと、負担に感じて続かなくなるのかもしれません。

 

おどおどしていて、ピッチャーが投げるボールから逃げるような息子が、いつの頃からか、バッターボックスに立つとピッチャーに向かって「来―いっ!」と大きな声を出して真剣勝負をするようになっていました。

これも5回素振りで得た自信、達成感からかもしれません。

5回だけの素振りでは、自分が思うように技術が向上したり、力がついたりすることは難しいでしょう。

でも、5回だけの素振りで達成感や自信をつけることができるのです。

自分が続けられる小さな小さな努力を続けてみましょう。

私も頑張ります。

 

自信をつけた人は、特に子どもは、とんでもないスピードで成長していきます。

2024年05月22日

小学生のうちから「書ける」なんていらん!

2024年度は教科書改訂の年。

それに伴い、英語の教科書も改訂されました。

教科によっては「教科書の見た目」が変わった程度で、学習内容に大きな変化はないものもあるでしょう。

しかしながら、教科書改訂があるたびに英語は学習内容が大きく変更されています。

今回の改定での何より大きな変更点は「書く力の育成」を目指していること。

昨年度まででは「書く」という活動や課題はほとんどなく、「聞く」「話す」のみと言っていいぐらいでした。

しかしながら、今年の教科書からは書く活動がかなり入ってきています。

 

私は思います。

「そんな力、小学校での授業でつけられるわけないやん」って。

「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能のうち、「書く」が一番最後に身につく力です。

中学生は週4回授業がありますが、小学生は週2回です。

そんな時間数で書く力をつけていくというのは不可能に近いです。

どれほど指導力のある先生がいても無理だと思います。

私なら絶対無理です。

それを求められて、追い込まれていく小学生がどんどん出てくるのではないかと心配しています。

 

Tokushima is a good place.
My grandparents live there.
In summer, you can enjoy Awaodori.
It's a famous dance.
It's exciting!

『この文章を参考にして自分で紹介したい場所を書いてみよう!』

書けるわけないです。

伝えたいことを日本語で考えて、それを英語で「言える」よう暗記するぐらい何度も口頭練習して、そのあとにその内容を文字で表していくことになります。

口では言えても、書けない単語が山ほどあるはずです。

むしろ書けないものだらけだと思います。

それらを正しく書けるように練習して、ようやく英語での紹介文が出来上がります。

これにはかなりの授業時間が必要です。

教科書内でさらっと「書いてみよう!」と出てきますが、書けるわけありません。

 

だから小学生のみなさん、書けなくていいですよ!

全然気にしないでください!

 

そのかわり、してほしいことがあります。

音読です。

教科書のQRコードを読み取ればお手本の文章を聞くことができます。

それを聞いて、何度も何度も音読をしてください。

音を暗記するのではなく、文章を見て、読まれているところを指で追いかけながら聞いて、音と文字をつなげる意識をしましょう。

読めるようになれば、自然と書けるようになっていきます。

「書ける」は中学生になってからでも大丈夫。

「読める」に力を入れましょう。

小学校を卒業する3月に、教科書に載っている英語の文章が全て読めるようになっていれば、それで十分素晴らしいです。

中学校での英語の勉強も大丈夫です。

 

先日のヤフーニュースで「小学生の段階でもうすでに英語嫌いがさらに増加」という記事がトップニュースになっていました。

不可能なことを子どもたちに求めてほしくないです。

「できるようにならないと…」と子どもたちが追い込まれてほしくないです。

「できるように指導しないと…」と先生方が疲弊してほしくないです。

 

「できる!」「わかる!」がたくさん溢れ、

「もっとできるようになりたい!」「英語を書いてみたい!」と思えるような展開に持って行ければ最高ですよね。

2024年05月09日
» 続きを読む